東京農工大学/農学部

氏名

攝津杏樹

八高何回卒

第71回卒

大学名/学年/何年卒

東京農工大学/農学部/2023卒

八高時代どんな学生でどんなことを考えていたか(目標なども含めて)

ソフトテニス部やJRC部、生徒自治会に所属し、様々なことに挑戦していました。二年生まではソフトテニス部やJRC部の活動、自分の趣味や友達と遊ぶことなどに没頭していました。今でも部活動の仲間や当時のクラスメイトとは仲が良く、良い交友関係を築けたことが八高で過ごした一番の財産だと思っています。

本格的に受験勉強に取り掛かかったのは三年生になってからです。定期テスト前以外で勉強をする習慣が身についていなかったため、受験生になってから集中力が続かないことに苦労しました。

進路決定に際しての決め手

私が第一志望の大学を決めたのは三年生の夏です。将来的に関東での就職を希望していたので、関東にある農学部に進学したいと思い、東京農工大学を目指し始めました。それまでは、自分には無理だと決めつけなかなか志望大学を絞れずにいました。しかし、第一志望の大学を東京農工大学と決めてから自分の中でのモチベーションが上がり、成績も上がりました。高い目標を持つことで、頑張れたのだと思います。

受験方法

私はセンター利用推薦という方法で受験し合格しました。センター試験の成績、志望理由書、調査書、で選考されるというものでした。一般的な推薦入試とは違い、面接や小論といった試験はなかったため、推薦入試対策というものは特に行っていません。この大学に入りたいという強い意志があったので、それを志望理由書として提出しました。センター試験の結果次第では、一般入試で同じ大学を受けるつもりだったので、結果が出るまでは二次試験対策を行っていました。

大学で学んだこと、思い出

私の所属している生物生産学科では、農場実習や実験も一年次から多くあり、実践的に学ぶことができ楽しかったです。また、植物系や畜産系、経済系など幅広い分野について学ぶことができ、色々な経験をすることができました。今は遺伝子細胞工学という分野の研究室に入り、植物ホルモンに関する勉強をしています。

学内外での活動

サッカー部のマネージャーをしていました。大学の部活動は運営のほぼ全てを学生が主体となって行います。所属する連盟との連絡や公式試合の運営、練習試合の企画など幅広い仕事を行っていました。責任を感じ大変だと思う時もありましたが、色んな大学の監督やマネージャーの方々と関わることができ、貴重な経験をすることができました。

すでに引退しましたが、部活動で長い時間を一緒に過ごしたからこそ先輩や同期、後輩との繋がりは強く、今でもドライブに出掛けたりご飯に行ったりしています。